福岡県大川市で300年続く“庄分酢”の情報や朝倉市にある“ビネガーレストラン時季のくら”の情報をお知らせします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ビネガーサイダー新発売♪
 

明日からまた連休ですね。


天候にも恵まれるようで、お出かけ日和になりそうです。


今回は新商品の「お酢」を紹介します。




「ビネガーサイダー」です。






種類は3種類!

熊本産のトマトからできた「トマト酢」
朝倉産の柿からできた「柿酢」
福岡産のあまおうからできた「いちご酢」

甘さ控えめで飲みやすい!!
それぞれ個性があり、どれも美味しいです♪



連休期間中、売店にて冷えたビネガーサイダーもご用意しております。

すぐに飲みたい方も、またお土産等にも是非ご利用くださいませ。

場所は大分自動車道「杷木」インターから車で約10分です。


みなさんのご来店をスタッフ一同お待ちしております。


お酢通販 ビネガーレストラン時季のくら
時季のくらでくろ酢の仕込みがありました。
庄分酢の有機玄米くろ酢は、熊本県などの農家から仕入れた有機農法の玄米を使用しています。玄米自体が化学肥料や農薬に汚染されていないのはもちろん、周囲の環境や水も汚染されていないこと、玄米本来の自然の風味であることが条件なのです。

そして今年も収穫の時期を迎え、いよいよくろ酢の仕込みの時期になりました。

大川本社でのみ仕込みをしていた有機玄米くろ酢のカメ仕込みが朝倉工場でもおこなわれました。
今回のカメは2個で当社独自の方式である地中に半分埋めて設置。
工場とレストラン間の地中に埋めました。
今までは屋根つきでしたが今回は屋根が無かった時代のやり方で屋外に設置です。
これから寒さも厳しくなり匠達の手入れは相当大変になると思いますが出来上がったくろ酢は格別の味が期待できそうです。
どうぞお楽しみに!!

地中に半分埋められた甕

地中に半分埋められた甕
奥に見えるのはあさくら工場です。レストラン時季のくらと同じ敷地内にあります。

玄米を蒸しています

玄米を蒸しています

蒸しあがった玄米を冷ましながら麹を混ぜる

蒸しあがった玄米を冷ましながら麹を混ぜています。

水をはっていた甕に入れます

水をはっていた甕に入れます

振り麹をします

振り麹をします

柿渋を塗った和紙のふたをして仕込日と朝倉第壱号とすみ入れ

柿渋を塗った和紙のふたをして仕込日と朝倉第壱号とすみ入れ

同じく朝倉第弐号

同じく朝倉第弐号

これから天候などを見ながら匠達が手入れをしながら数カ月かけてくろ酢が出来上がります

これから天候などを見ながら匠達が手入れをしながら数カ月かけてくろ酢が出来上がります。


お酢通販 ビネガーレストラン時季のくら